生え際・根元が白髪の悩み

白髪染めとは

白髪相談悩みの種の白髪。人によって白髪が生えてきやすい部位(場所)が違うこともあります。髪全体に白髪が目立つ人。側頭部やこめかみ部分の人。後頭部に白髪が多い人など。それによって髪全体的に白髪染めが必要な人や、白髪の部分染めが適当な人などがでてきます。

正式には、白髪染というと、いわゆるヘアカラーとしての白髪染めのことを指します。永久染毛剤が入ったヘアカラーのことで、その中で白髪の人を対象にしたものが白髪染め(白髪用ヘアカラー)となります。一度染めると長持ちして、個人差はありますが、だいたい2ヶ月前後持つのがメリットです。ただ、髪へのダメージが大きいのがデメリットです。

 

白髪の全体染めと部分染め

白髪染めには、髪全体を染める全体染めと、気になるところだけを染める部分染めがあり、この両方を使い分けることでキレイな髪を保てるといっても過言ではありません。全体染めは、美容室でやってもらうことが多いと思いますが、仕上がり感も良く、白髪染めが苦手だという方は自分で行うよりも美容師さんにお任せする方が無難かもしれません。

自分でやるとムラになったり染め残しがあったりなど、上手くいかないことが多く、満足のいく仕上がり感が得られることが少ないからです。しかし、毎月髪が伸びる度に全体染めをしていると、髪がどんどん傷んできます。そこで、部分染めの登場です。最初に一気に白髪染めをしてしまい、髪が伸びてきたら部分的に自宅で染める方が、定期的に染め直すより頭皮にも髪にも優しいですし、経済的・時間的にも余裕が出てくるのではないでしょうか。

部分染めに向いているクリームタイプや、髪の痛みが気になる方にはヘアマニキュアなどもおススメです。全体染めと部分染めを上手に併用していくことが、キレイな仕上がり感を得るために必要な最低限の努力かもしれません。

 

1番気になる白髪の部位(場所)は?

白髪で気になるのは、生え際の根元という人が多いようです。白髪染めをしても、髪が伸びてくると、その伸びてきた部分は、白い毛が生えてきます。そうしますと、染めた黒い部分と生えてきた白い部分の色の違いがはっきりと出てしまうので、生え際の白い部分が目立ってしまうのです。こういった悩みを持つ人が多いです。
そういう意味では、ヘアカラーで長期的に持たせると、次に白髪染めをする間での間に、白い部分が目だってきてしまいます。ヘアスプレーでしのぐことも出来ますが、ちょっと悩むところではあります。
その点、ヘアトリートメントタイプの白髪染めは、ヘアカラー程、しっかりと黒くは染まりませんが、じょじょに染めていくことが出来ますし、1,2週間おきにトリートメントをすることになりますので、根元の生え際の白髪も定期的に染めていくことが出来るのが良い点だと思います。人気の市販白髪染めトリートメントもあります。

人気の白髪染めトリートメントは、こちらの利尻昆布の白髪染めトリートメントになります。

ヘアカラートリートメントは生え際や根元の白髪染めに最適

白髪染めできれいに染めても、徐々に目立ってくる生え際や根元は悩みの種です。個人差もありますが、髪の毛は1ヶ月に約1cm伸びるといわれています。ちなみに私は、1ヶ月に約1.5cm伸びます。ということは、2週間もすると、もう生え際や根元の白髪が目立ってきてしまうのです。白髪染めを頻繁に使うと髪の毛や頭皮を傷めてしまいます。傷んでしまった髪の毛は元にはもどりませんから、白髪染めを頻繁に使うのは避けたいところです。かといって、白髪が目立ったままというわけにもいかず、本当に困ります。そういったお悩みをお持ちの方は、とても多いと思います。

こんな時におすすめしたいのが、ヘアカラートリートメントです。髪を傷めることなく、むしろ髪に栄養を与えながら白髪も染めることが出来るので、まさに一石二鳥です。普通の白髪染めに比べると染まりは弱いですが、何回か使っているうちに徐々に色も濃くなってきます。ヘアカラートリートメントならば頻繁に使っても安心ですから、目立ってきた生え際や根元の白髪を染めるには最適なのです。

ヘアカラートリートメントでもしっかりと染めるコツがあるので、ご紹介しましょう。少し手間と時間はかかりますが、お時間のある時にはおすすめのやり方です。ヘカラートリートメントで白髪を染める時は、もちろんシャンプー後の濡れた髪に使っても良いのですが、しっかりと染めるためには乾いた髪の毛に使うことをおすすめします。そして、短い髪の毛が浮かないようにラップで頭を覆い、へキャップを被ります。そして普段よりも少し長めに時間をおいてください。30分くらいが目安です。冬場など室温が低い時は、時々ドラーヤーで温めるようにするとさらに効果的です。一定時間置いた後はシャンプーしてしっかりとすすいでください。このやり方ですと、通常のやり方よりもしっかりと染まるはずです。