生え際を染めるコツ

悩みの多い生え際の白髪ですが、その白髪染めの方法にはやはりコツがあるようです。 生え際は顔に近い部分で、他の部分と比べると風が当たりやすいですから、乾燥しがちだというのが一般的です。白髪染めに乾燥は大敵です。

自分でやる場合のポイントとして、乾燥しがちな生え際にはヘアカラーやヘアマニキュアをコットンなどにたっぷりと含ませて、それを生え際に貼りつけるようなイメージでやると効果があるようです。

同じように、やはり乾燥を防ぐという意味でアルミホイルで包みこんで液を浸透させるという方法もあるとか。悩んでいる人が多いというだけあって、その対策もいろいろ練られているのですね。

さらに、白髪染めを洗い流す前に指でくるくるとマッサージをすると、染まりにくい生え際の部分にその液がなじむようです。 生え際は顔に近い大切な部分であり、乾燥しがちな厄介な部分です。ですから、他の部分と比べても念入りにケアしてあげなくてはいけないようですね。