側頭部の白髪染めはちょっと曲者です

側頭部ってよく見るとなんだかちょっと他の部分とは違う毛流れをしていませんか?

前髪や頭頂部とは違う生え方をしているらしいので、側頭部だけ髪のクセが強かったり、髪質が違ったりすることがあるようです。そんな曲者の側頭部ですから、白髪染めをするときにはちょっと注意が必要ですね。

側頭部の白髪のある部分に、頭頂部からの長い髪がかかっていると白髪は隠れて見えません。けれど、髪をちょっとかきあげたり、さっと結んだりしたときに、白髪が登場したらいやーな気分になってしまいますね。

普段見えていなくても風が吹いたら白髪が見える、それじゃあやっぱり気になってしまいます。

白髪染めにはいろいろなタイプのものがあることはすでにご紹介しましたが、曲者の側頭部にしっかり染めるためには、放置する時間に側頭部をしっかりと温めることが大切なようです。

ラップをぐるぐる巻いて、そこにホットタオル、そしてシャワーキャップをかぶると効果的だとか。これなら白髪染めを自宅でやっても美容院並みの効果が期待できそうですね。